読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京六輪

気がついたら読んでるブログ

そろそろNetVibesについて一言言っておくか

 

readwrite.jp

iGoogleがなくなって久しい。2005年5月から2013年11月に幕下ろしたiGoogleWebサービスとしての天寿を全うしたとは思われるが、その爪痕はどこかに残せたかと言うと定かでない。

 

時代は流れTwitterGoogleに買収交渉を持ちかける時流である。

iGoogleの最大の特徴であるWidgetは今もブラウザやOSに拡張機能として名残を残していることだろう。

しかしその拡張機能も今幕を閉じようとしている。

news.mynavi.jp

 

これらのサービスを支えているユーザの需要はカスタマイズ度である。自由にコードが書け、自由にデプロイができ、サーバレスで実行ができた。そんな恩恵を受けたプログラマが、今はAWS LambdaやAzureで書かなければならない不便を強いられている。もちろん代替サービスは多々ある。jsfiddleやjsbin、Cloud9などを駆使してブラウザベースでサーバレスに実行ができ、すぐに結果を出すことが可能だ。しかしそこで作られたコードをgithubにあげ、コーダーにpull requestもらうまでの時間が永遠かのように感じる時がある。我々が与えたいのはコードではなく体験である。今目の前に機能を欲しい人がいる。iGoogleがあればカスタマイズ画面上でテストを行い、うまくいったらそのコードをwidget化してメールするだけで済む。相手はメールのリンクをクリックするだけで相手のiGoogle上で体験できる。このシームレスな関係が良好であった。しかしこれらのシステムを支えるにはあまりにもコストがかかりすぎた。

 

現在は、slackがあり、Twitterがあり、News Botが登場している。それらを集約できるパーソナライズドなサービスがあったらプログラマは熱狂するだろう。

 

まず、パーソナライズドホームページサービスのおさらいをしよう。

blog.fkoji.com

 

記事は2012年のものだが、その後サービスが終了した日時も追記されており、わかりやすくなっている。記事によると当時10個あったサービスのうち現時点で残っているものが、nendoとNetvibesのみであることがわかる。

そして、冒頭で述べたコードが書けるサービスとして残っているのが、NetVibesだけなのもお分かりいただけるだろう。

 

さあ、お待ちかねしました。NetVibesについてだが、このはてなブログの前身のはてなダイアリーで私は過去7回に渡りNetvibesについて取り上げた。

 

それぞれの記事についての解説は省略するか、当時読んだことのある人にはてなブックマークで解説コメントを入れてもらうかにするが、私の成長とともにこのサービスが成長してきたと言っても過言ではない。先方がどう思っているかは知らないが、翻訳に指摘を直接メールしたり、アップグレードしたらすぐに差分を確認したりしていたため、クレジットに私のHNが掲載されるのではないかとヒヤヒヤしたものである。(実際に掲載されることはなかった)

 

それほど粘着したサービスがここまで生き残ってくれたことにまず感謝したい。

そして、この抜けたパーソナライズドホームページ需要を糧にブーム再燃のきっかけとなるように筆をとった次第である。

 

以上(あとはわかるな)


 

 

 

 

 

 

 

「シン・ゴジラじゃない」 父親殴った息子を逮捕

シン・ゴジラじゃない」父親を殴った息子を逮捕

世田谷署は8月3日、父親を鈍器のようなもので殴ったとして、自宅で同居している22歳の息子を傷害の現行犯で逮捕した。父親は頭部打撲により、全治1週間のけがを負った。犯行の動機について息子は「父親が頼んでおいた映画チケットを買ってこなかったから」と話している。

 調べによると、男は7月29日に東宝から公開された新作映画「シン・ゴジラ」のチケットを公開当日に手に入れるよう父親に依頼。頼まれた父親は会社を欠勤し、28日朝から「シン・ゴジラ」の前売りチケットを求めて都内の金券ショップなどをまわって歩いたという。

 だが、東宝が12年ぶりに公開する新作映画ということもあり、全てのショップがすでに前売りチケット販売を終了。父親は当日販売分を手に入れるため、夜10時ごろから池袋のチケットショップ前に並んだ。この日の東京はエルニーニョ現象の影響に伴って、ぐんぐんと気温が上昇。炎点下36度という厳しい暑さと照りつける太陽のなか、父親は「シン・ゴジラ」のチケットを待ちわびる息子を思いつつ酷暑を乗り越えた。

 翌29日早朝、チケットショップの前には「シン・ゴジラ」を求める約200人が父親を先頭に行列を作り、9時の開店を待った。

 朝10時、父親が帰宅。一晩並んで手に入れた「シン・ゴジラ」のチケットを息子に手渡し、そのままベッドに向かおうとしたところ、背後から息子の叫び声が聞こえたという。父親は振り返る間もないまま、頭部に痛みを感じ、そのまま昏倒。息子は朝食で食べようとしていた食用フランスパン(パン渡り50センチ)でさらに父親を殴り続けた。

 

まもなく、この日のために母親がすでに自宅2階に待機させていた世田谷署員が現場に駆けつけ、息子を傷害の現行犯で逮捕した。父親は頭部から出血して全治1週間のけがを負ったが、命に別状はない。

 

 世田谷署の事情聴取に対し、息子は「父が持ち帰ったチケットを見た瞬間に激昂してしまった」と供述。我を忘れてしまったため、父親を殴った記憶はあいまいになっているという。チケットを拝見させてもらったところ、チケットには「シン・ゴリラ」と書かれていた。中点をよく見るとVSと書かれており、検索サイト等で調べたところ、学生による自主制作映画「タイガー・ジェット・シン VS ゴリラ」というプロレスの異種格闘技モノ作品のチケットであった。「入手経路が気になるが、実際に観に行っても、本物のタイガー・ジェット・シンが出るとは限らないし、ましてやゴリラも着ぐるみに決まっている。そろそろ父はわざと間違えて買っているのではないかという気がしてならない」とも話している。

 世田谷署では、この種の間違いによる親子関係のこじれは傷害事件につながりやすいとして、お盆を前にいっそうの警戒を呼びかけている。

 

インスパイア元:「Wii Uじゃない」 父親殴った息子を逮捕

 

悪逆無道!極悪ヒールレスラー烈伝 DVD-BOX

悪逆無道!極悪ヒールレスラー烈伝 DVD-BOX

 

 

 

東京メトロカラーの元ネタ探し

trafficnews.jp

東京メトロのロゴはシンプルなつくりで、アルファベットの一文字と路線のイメージカラーをした円で構成されている。

「乗りものニュース」さんの記事から、東京メトロの路線カラーがどのように決まったのかの豆知識をゲットした。

続きを読む

iPhoneケースに一目惚れ

フリップが背面に!?お財布になるiPhoneケース「RAKUNI」!これが便利で手放せないぞ! | むねさだブログ

 

こちらのブログで紹介されているiPhoneケースに一目惚れしました。

 

公式サイトでは現在売り切れ中ということで、在庫なしのようです。

 

しかし、8月には入荷されるという情報をゲットしました。

#006:RAKUNI iPhoneケースの次回入荷予定について — Medium

 

またすぐに売り切れとなること必至なので、要チェキラです!

 

 

 

 

ポケモンGOで明るみに出る社会問題

ポケモンGOが日本でも大流行してますねえ。街に出ても公園やそこかしこでたむろっている若者が目につくようになりました。一体ポケモンGOリリース前にはどこにいたのでしょうか。

 

続きを読む

ポケモンGOは、ここから!

iOS

Pokémon GO on the App Store

Android

 Pokémon GO - Google Play の Android アプリ

配信開始を伝えるニュースサイト

 【配信開始】ポケモンGO 日本版配信日などの事前情報 - GameWith

 

 

 

ロードバイクにはスタンドをつけなくてもいいけど対外的な安全は第一に考えて欲しい

ロードバイクにスタンドをつけない理由 - ARTIFACT@ハテナ系

 

わたしはロードに乗らないですが、道端でロード見ても気がつかないほど関心は薄く、今回も全スルーするつもりだったのですが、子を持つ親として、路上での安全は金をかけてでもしたいくらいの気持ちなのであえてブログで書かせていただく。

 

ロードバイクにはスタンドを付ける設計にそもそもなっていないというのは百歩譲れても、堅牢性を犠牲にしてまで軽量化を図っている乗り物を選択している精神性に疑問を持ちます。まず安全性でしょうと。

 

自分の身がどうなろうが、自分で選んだのですから自己責任ですよね。でも、堅牢性を犠牲にされた安全は誰にしわ寄せが行くのか!道路かもしれない。道端の壁かもしれない。たまたま通りかかった子供かもしれない。そうなると話は別です。全力で止めさせていただきます。

 

ロードバイク税というのがあるなら仕方ないですが、ロード屋さんで武器を購入しているのと一緒じゃないですか?その武器の堅牢性を犠牲にしてまで誰と戦っているんですか。

 

せめて安全は第一にと建前だけでも言ってもらいたものです。

 

実際は怪我される方もいると思いますが、市場原理で堅牢性を犠牲にしたものといえどもかなりの安全基準はクリアしているのだと思います。だからこそスタンドをつけないのは〜の理由に堅牢性を犠牲にして〜という文章は取り下げていただきたいと思います。