東京六輪

気がついたら読んでるブログ

女性はいつだって家庭内ヒーロー

 戦隊モノに女性レッドがいないことでこの国を憂う記事を見つけました。

 

arrow1953.hatenablog.com

「戦隊ヒーローの象徴は、女性では成立しないこの国はもはや限界」って言ってるけど、それは戦隊ヒーローに限った話だ。


この国のお茶の間にはいつだって女性ヒーローが成立してきた。

サザエさん、秘密のアッコちゃん、ちびまるこちゃん、

戦場が家庭に移ればそこでは女性が圧倒的にヒーローなのである。


マスオさんが廊下に定期入れを落とすふりをして置く描写があった。サザエが拾うと定期入れにはサザエ自身の写真が入っているのである。

妻の写真を定期入れにいれてよき夫であることをアピールしているのである。

マスオがここまでして定期入れ運用を偽装するのにはわけがある。妻に忖度してご機嫌をとろうという魂胆なのだ。

我が国は公文書偽造をして政府に忖度をする国であることを匂わせる意図は無い。しかし、家庭では妻に忖度する良き夫をお茶の間に届ける必要がある。それほど家庭内ヒロイックは渇望されているのである。

 

 もうひとつ、重箱の隅をつつくとすると、女性がヒーローを演じた瞬間、それはヒロインであり、ヒーローとは呼べない問題も含んでいる。

おたからサザエさん 1巻

おたからサザエさん 1巻

 

 

こんなgithubはイヤだ

 news.yahoo.co.jp

 

 MSによるgithub買収のニュースをみて、こんなgithubはイヤだって思ったのでつぶやいたら、テンプレでした。

 

 

 

 

togetter.com

エンジニア界隈がはてなブログで復活の兆し

なんだかエンジニア界隈がはてなブログで復活の兆しだというので書いてみる。

 

quipper.hatenablog.com

amachang.hatenablog.com

最近の趣味

趣味でいろいろ立ち上げてソースコードいじったり、DevOpsの練習したりしている。

Mastodon

文具丼

2017年4月に立ち上げた。

名前はその頃Facebookで文具ファンが観測範囲にちらほら見かけていたのでコミュニティを形成しやすいかと思って文房具にステータスを全振りした。

ところがMastodonカスタマイズがスムーズにできないながらも施して、本家Mastodonのバージョンが上がるたびにデフォルトに戻してしまっていて、そのうちカスタマイズをかぶせる手間がめんどくさくなってしまいデフォルトのままとなっている。

さいきんようやくRails&Reactの開発パターンが理解できてきたので、そのうちカスタマイズ運用していくかもしれない。

ユーザは80人くらいいるがアクティブは自分しかいないので盛り上げていきたい。
Twitterから投稿を流し込んでいるが、かえってユーザ離脱を引き起こしているならそっとフィードバックとして教えてほしい。

文具好き集まれ!

Wordpress

kichij_org

shibuya.jsとかshibuya.rbにあこがれて、吉祥寺.orgのつもりでドメイン取ったが早7年。

とくにコミュニティ形成はできていない。ただSNS連携とかWordpressプラグインの動作確認とかで使用してたり、Twitter Botをサーバに置いたりしている。

Wordpressはてなダイアリーの記事を流し込んだり、エクスポートインポートの実験をしたりしているうちに、DBがふっとんで、いまは今年書いた記事くらいしか残っていない。(アーカイブは残っているのでそのうち流し込みたい)

あと、無駄にMediumと連動投稿したりしている。

そろそろ自前でブログを運用するコストよりもPaasでブログを利用するコストの方が下がってきた(Dev.toしかり)感じなので、Wordpressはそっとじするかもしれない。ドメインはなんか斬新なWebサービスを思いついたら差し替えるかもしれない。

HackMD

Nabe Proj.

最近、お熱のMarkdown投稿システム。パーマリンク発行するだけならNodejsでいいじゃんということで、シコシコいじっているところ。名前は弊社CEOのおなまえを拝借。herokuなので無料で運用できている。
まだまだいじり始めで、ぜんぜん計画とか思い浮かばないけど、ユーザ数とか投稿数とか分析できるようにしていきたい。HackMDだけじゃなく、ot.jsやreveal.jsで酒飲める人を探している。
esa.iodocbaseの中の人とかともお話ししてみたいと思っている。

おまけ

個人のSlackがあるのでこちらでわいわいがやがやしましょう。(管理するとは言ってない)

https://tech-fuji-slackin.herokuapp.com/

 

以上、最近の趣味devopsでした。

春からおすすめのブログサービス

f:id:fk_2000:20180405125206p:plain

2018年の春がはじまりました。新社会人の方におすすめするブログサービスをご紹介させていただきます。 おすすめ順に書いていきます。

1. Medium

URL

https://medium.com/

メリット

なんといってもおしゃれ、独自ドメインも対応している。

デメリット

デザインが変えられない。

2. WordPress

URL

配布版WordPressSaaS版のWordPress

メリット

プラグインが充実。デザインテーマも豊富。 なんといってもソフトウェアとして配布されているので、オンプレでもクラウドでも自分で構築できる。WordPress.comのSaaS版もある。 わたしはAWSに建てて、 Pluginの「Medium WordPress plugin」を使って上のMediumに同時投稿しています。

デメリット

メリットが大きすぎてなかなかデメリットを見つけられません。 構築するにはPHPやその他の知識と経験が必要。(かんたんに立ち上げられるスクリプトも配布されている) 普及しすぎていて脆弱性を狙う悪意のある攻撃が存在している。

3. note

URL

note ――つくる、つながる、とどける。

メリット

有料記事として投稿できる。(マネタイズ化がシンプル) 投稿操作がMediumに似ている コードが書けるようになった

デメリット

デザインが変えられない。

4. LineBlog

URL

LineBlog

メリット

投稿前に表示フォントが選べる スマホアプリからしか投稿できない(スマホからしか投稿できないのでよりリアリティが増す)

デメリット

PC版が無い

5. はてなブログ(ここ)

番外編

ブログテーマをBrooklynにしました

f:id:fk_2000:20180315152746p:plain

fujiken.hateblo.jp

これから迎える春に向けてテーマを変えたつもりでした。

参考にしたのはこちらの記事。

www.okuni.me

ところが、

f:id:fk_2000:20180315152353p:plain

www.okuni.me

 3月5日におすすめされたものが3月7日には騒動のお詫び記事が書かれたのです。

当方のブログはまっさらテキストサイトと化しておりました。

あわてて変更を余儀なくされました。

ブログテーマにはきをつけよう。。

ブログテーマをONIHITODEにしました

これから迎える春に合わせて、心機一転ONIHITODEデビューしてみた。

 

www.okuni.me

我が家にAmazon Echoがやってきた

f:id:fk_2000:20171119033206j:plain

11月8日にAmazon Echoの招待リクエストを送ったところ、11月16日に招待者に選ばれたというメールが返ってきました。

f:id:fk_2000:20171119033906p:plain

4000円OFFに飛びつきました。実物は11月18日に届きました。

f:id:fk_2000:20171119034151j:plain

カラーバリエーションは3つ。上の写真はサンドストーン。他に黒系のチャコールと、ヘザーグレーがある。

昨年くらいから米国のYoutubeAlexaの動画は見まくっていたので、1.5Lペットボトルくらいかと思ったら、500mlペットボトルよりも背が低かった。しかし重さはずっしり821g。

 

かんたんなセットアップなのにWifiに苦戦

さっそくセットアップしてみた。

手順は

1. 電源をコンセントにさし、端子を本体につなぐ。

2. Alexaアプリをスマホにダウンロードする。

3. 設定を進める。

これだけ。

 

電源ケーブルは1.5mくらいあり、結構取り回しのきく自由度ではないだろうか。

f:id:fk_2000:20171119175325j:plain

 

セットアップの途中で困ったのが、家のWifiの調子が悪くて、なんどかセットアップエラーとなってしまった。

何度か試しているうちにうまくつながるようになった。原因はわからない。

 

Wifiさえつながれば、声でコントロールできるのがAlexaの最大の特徴。「Alexa、歌って」で答えてくれる歌詞の中でも「インターネットにさえつながればなんでもできる〜」と歌っている。

 

あとかんたんな説明書がついているが、その中に気になる記述があった。

f:id:fk_2000:20171119173938j:plain

なんとカバーのきせかえが可能だと。

 

Amazon Echoは音楽を身近にしてくれる

まだスマートホームとはいえないまでも、ラジオやカラオケ、そしてAmazon music|unlimitedとの連携で豊富な音楽体験が可能となっている。

さっそく嫁と娘がアレクサをいじっている。「アレックス」と言い間違えたり、コマンドだけじゃなくてAlexa応答に対しても律儀にコメントしたりしているのをみて、新しい家族として迎えられたのではないかと安堵している。

これからいろんなスキルを試して充実させていきたいと思う。